スライドカンファレンス

第39回日本臨床細胞学会九州連合会学会(鹿児島)スライドカンファレンス

投票受付期間:2024/05/21~2024/07/12

※写真をクリックすると拡大されます。

症例1

種別:婦人科

出題:安里 嗣晴 熊本赤十字病院病理診断科 

年齢 80歳 性別 女性
採取部位 膣壁 採取方法 擦過
検体処理法 液状化細胞診(surepath), パパニコロウ染色    

臨床所見

既往歴:3年前に左尿管の低異型度乳頭状尿路上皮癌で左腎尿管全摘
現病歴:尿管癌フォローのMRIで子宮腫瘍疑われ当院紹介受診した。子宮内膜擦過細胞診、子宮頸部生検では明らかな異常なし。易出血性の膣腫瘤が確認され擦過細胞診を施行された。


  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

選択肢
1つ選択して
ください

症例2

種別:呼吸器

出題:松岡 優毅 長崎大学病院病理診断科・病理部

年齢 60代 性別 男性
採取部位 気管支 採取方法 擦過
検体処理法 直接塗抹,Papanicolaou 染色    

臨床所見

既往歴:B型肝炎,肝硬変,肝臓細胞癌術後(20年前)
家族歴:特記無し
喫煙歴:あり(18歳から45歳,20本/日年前に禁煙,本数詳細等は不明)
現病歴:健診の胸部X線写真にて右下肺野に不整形結節影が指摘された.CEA高値(66.6ng/mL)も認められ,精査加療目的に当院紹介となった.


  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

選択肢
1つ選択して
ください

症例3

種別:消化器・口腔

出題:谷川 雅彦 久留米大学医学部病理学講座

年齢 70代 性別 女性
採取部位 膵頭部 採取方法 EUS-FNA
検体処理法 従来法とLBC法の併用    

臨床所見

[既往歴]虫垂炎
[現病歴]胸部X線異常に対する精査中に、PETで膵頭部腫瘤に集積がみられた。造影CT検査では、約2cmの腫瘍性病変を認めた。精査目的にEUS-FNAが行われた。


  • pap x20

  • pap x40

  • Cytocolor x20

  • Cytocolor x40

  • Cytocolor x40

  • LBC x40

選択肢
1つ選択して
ください

症例4

種別:甲状腺

出題:丸田 淳子 野口病院病理診断科

年齢 70代 性別 女性
採取部位 甲状腺 採取方法 穿刺吸引
検体処理法 合わせ法,Papanicolaou染色    

臨床所見

既往歴
リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
化学療法にて寛解

現病歴
前医のPET/CTで甲状腺左葉に集積があり,頸部超音波検査にて2つの結節を描出。
両結節の細胞診は「検体不適正」、悪性が否定できず精査目的のため当院紹介。
受診時に穿刺吸引細胞診が施行された。


  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

選択肢
1つ選択して
ください

症例5

種別:消化器・口腔

出題:前川 和也 宮崎県立宮崎病院病理診断科

年齢 79歳 性別 男性
採取部位 左顎下腺 採取方法 穿刺吸引
検体処理法 スメア,LBC.Papanicolaou染色、Giemsa染色    

臨床所見

既往歴 :高血圧、痔核、鼠径ヘルニア、帯状疱疹
現病歴 :1ヶ月前から顎下部の腫瘤を自覚するようになり、前医受診。CTで左顎下腺内及び頚部に2.0x1.5cm大の不均一な造影効果を示す腫瘤が認められ、左顎下腺癌が疑われた。左顎下腺腫瘍から穿刺吸引細胞診が施行された。


  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

選択肢
1つ選択して
ください

他の方と区別できるニックネームとメールアドレスを入力して投票してください。
注1)投票は1人1回のみとしてください(修正不可)。
注2)投票期間を過ぎると受付できなくなりますのでご注意ください。

個人情報の取り扱いについては、「プライバシーポリシー」をご確認の上、送信してください。

会員ページ

スライドカンファレンス

症例の臨床情報や細胞写真を掲載しています。選択肢の中から正解を選んで投票してください。

事務局
日本臨床細胞学会九州連合会 事務局
国立病院機構九州がんセンター
統括診療部病理診断科
〒811-1395 福岡市南区野多目3-1-1
TEL: 092-541-3231

ページTOPへ